ブログ

ぶり大根 Yellowtail with Japanese radish

2019.2.21

冬の魚の代表格ブリ。

刺身、焼物、煮物といろいろな調理法でも特別な存在感をはなちます。

皮目を炭で炙ったたたきもいいし、塩をしっかり利かせた塩焼きを鬼おろしとほおばるのも魅力的。

しかし、カマや頭で炊く「ぶり大根」も捨てがたい。

大型の青物ならではのゼラチン質をいかしてこっくりと炊いたブリに、みずみずしい大根がよくあいます。

その季節には一度は食べておきたい料理です。

 

Yellowtail is representative of winter fish.

Sashimi, grilled dishes, simmered dishes, various recipes are delicious.

Photo simmered dishes.The gelatine quality of yellowtail goes well with fresh Japanese radish.

It is a dish you must eat once in the winter season.

ふきのとう Fukinotou

2015.2.15

山に入って今年の初物をゲット。

ついに出てきましたねふきのとう。こいつを皮切りに山菜シーズンの始まりです。

まずはシンプルに天ぷらで。

 

Get in the mountains and get the first item of this year.

This is Fukinotou.edible wild plants season will start from this.

Let’s eat from simple tempura at first!!

紅白 red and white

2019.2.4

店の庭木の椿。

最近は大きな花を楽しめるのですが、ふと見ると一本の木から二色の花が、、、、

接ぎ木?

もともとこの民家に植えてあった木なので、詳しくは分からないのですが、こんな事もあるんですね。

日本人にとって特別な色である紅と白の花を同時にみれる、なんともめでたい木です。

 

Camellia tree in the restaurant’s garden.

I can enjoy flowers in the current season.This camellia has two color flowers in one tree…..

how?

I don’t know in detail.

This is a special tree for Japanese people Because the color combination of red and white is a color expressing joy in Japan.

 

ぽん酢 Ponzu sauce

2019.1.25

柑橘類のおいしい季節、あるところではダイダイを入手。

これでぽん酢を仕込みます。

一言にぽん酢といっても味には意外に幅があって、

醤油の強いものや酸味の利いたきりっとしたもの甘めのものなど様々で、

そのお店の好みなんかが出る部分でもあります。

うちのぽん酢は酸味を効かせつつ、まろやかな味わいになるように仕込んでいます。

鍋料理のたれとしてはもちろん、さまざまな料理に使える縁の下の力持ち的な存在です。

 

In the delicious season of citrus fruits, I got a citrus called Dai Dai for Ponzu sauce.

Ponzu source taste differs depending on restaurant.

My Ponzu is mild and sour taste.

Ponzu can be used for various dishes with a convenient seasoning.

 

平目と蕪の造り Flounder and turnip

2019.1.18

本日のお造り。

この時期に俄然おいしい唐津の平目を昆布締めにしてしっかりとねかせます。

そんな平目をこれまた旬の蕪とともに。

平目の下には葉わさびも忍ばせて、しっとりとした平目のうまみとしゃきしゃきと小気味よい野菜が楽しい冬のお造りです。

Today’s sashimi.

The flounder in Karatsu is delicious for the current season.flounder aging with kelp.

we matched flounder and turnip.

eat a little soy sauce and wasabi.

白菜漬け Chinese cabbage pickles

2019.1.13

白菜のおいしい季節です。

昆布とゆず皮と唐辛子。ピーンときた方はご名答。

白菜漬けです。

漬け物好きな僕ですが、この白菜漬けは好きな漬け物ランキングベスト5には入ってくると思われます。

炊きたての御飯とお味噌汁と白菜漬け。

醤油をちょろりとかけて一味をぱらり、御飯と一緒に口の中にほおばる。

人生最後のごはんがあるとしたら、このあたりはいいとこかもしれません。

 

It is a delicious season of Chinese cabbage.

Q What do I make with this ingredient?

A    Chinese cabbage pickles

I love Japanese pickles . This pickles goes into the top 5 of my favorite pickles!!

Freshly cooked rice and miso soup and pickled in Chinese cabbage.

I am happy with this meal as there is the last meal of my life.

 

新ものの若布

2019.1.9

唐津でも出回り始めた若布。

生の時は茶色い色をしていますが、お湯で熱を加えるとサァーッと鮮やかな緑色に。

なんだか楽しい仕込みです。

 

It is the beginning of the Wakame season in Karatsu.

This seaweed is change the color brown to green when you boil it.

It is some fun cooking for me.

 

謹賀新年

2019.1.4

皆様あけましておめでとうございます。

年末は御節作りでバタバタとしていましたが、無事に作り終え新年はゆっくりと過ごしていました。

さて、料理屋あるところは新年は7日からの営業となります。

今年も唐津の美味しい食材をたくさん集めて、皆様のお越しをお待ちしております。

 

Happy new year!

We were busy making OSHECHI end of last year.

and we spend relaxing new year in Fukuoka.

Restaurant ARUTOKORO will starts from January 7.

This year we will also collect many delicious Karatsu ingredients and we are waiting for everyone’s visit.

 

 

栗の渋皮煮

2018.10.2

やーっと出来ました。栗の渋皮煮。

これがなかなか手間のかかる一品で、

鬼皮むいて、渋抜きして、渋皮をひとつひとつキレイに掃除をして、茹でます。

それから密の糖度を少しずつ上げながら何日かかけて、甘さを栗に入れていくのです。

手間はかかるんですが、この時期には一度は食べたいお菓子です。

お店でのコースのデザートとしてはもちろんですが、

唐津の直売所「めぐみの里」さんでも少量ですが販売いたします。

栗の香りとねっとりとした濃厚な甘さ、、、あついお茶と一緒にどうぞお召し上がり下さい。

 

I finally made it.that is japanese maron glace.

This is quite a time-consuming sweet but I want to eat in this season.

We serve as dessert for course meal.

and all so you can get it at ” Megumi no sato”which store in Karatu.

Please enjoy sweet of season with hot green tea.

 

お節のご予約

2018.9.27

今年も「料理屋あるところ」のお節のご予約を承ります。

新年を家族や気が置けない仲間と美味しいお節を囲んで迎えるのはいかがでしょうか

 

二段重(約4人前)・・・・・・・35,000円(税込)

 

唐津の食材を豊富に盛り込んだ二段重です。

また、お引き渡しは大晦日31日に当店まで取りに来ていただくかたちとなります。

配送などは行なっていませんのでご了承下さい。

数に限りがございますので、お早めにご予約下さい。

 

ご予約

電話 0955−58−8898

料理屋 あるところ

住所  佐賀県唐津市鏡732

 

OSECHI for happy new year.

It will also start a reservation for OSECHI this year.

¥35,000(for 4 person)

You will get OSEHCI in our restaurant on 31 December.

 

RESEVATION

Tel                                  0955−58−8898

Japanese restrant        ARUTOKORO

Addrres                          732, Kagami, Karatsu-shi, Saga, 847-0022, Japan