ブログ

筍? bamboo shoot?

2019.12.10

裏山に入った時に、イノシシが何か掘ってるなぁと思ってみたら、もう筍食べてるーー

イノシシには探せるんですねー僕には到底不可能です。

いいなぁ新春用に僕にも掘ってくれんかなー

 

When I went to the mountain, there was a trace that the wild boar ate something.

If you look closely, it was bamboo shoot!

The wild boar can find it already.

Humans must wait until spring. . . .

手前味噌 Own Miso

2019.9.22

あるところではコースのお食事として、かまどで炊いたご飯のおむすびと一緒にお味噌汁をお出ししています。
この度このお味噌汁などで使う、自分達で仕込んだお味噌が出来上がりましたーパチパチ
唐津の大豆で作った麦味噌です。
生きたお味噌の香りをぜひお楽しみ下さい。
Our restaurant serves miso soup with rice rice cooked in the oven as a course meal.
This time, the miso I prepared for myself was completed.A barley miso made from soybeans from Karatsu.
Please enjoy the scent of live miso.

御節のご予約 Reservation of the OSECHI for new year

2019.9.12

 

今年も「料理屋あるところ」のお節のご予約を承ります。

 

二段重(約4人前)・・・・・・・40,000円(税込)

 

唐津の食材を豊富に盛り込んだ二段重です。

また、お引き渡しは大晦日31日の10時〜16時の間に当店まで取りに来ていただくかたちとなります。

配送などは行なっていませんのでご了承下さい。

数に限りがございますので、お早めにご予約下さい。

 

ご予約

電話 0955−58−8898

料理屋 あるところ

住所  佐賀県唐津市鏡732

 

OSECHI for happy new year.

It will also start a reservation for OSECHI this year.

¥40,000(for 4 person)

OSECHI will be picked up from 10:00 to 16:00 on December 31 in our restaurant.

 

 

RESEVATION

Tel                                  0955−58−8898

Japanese restrant        ARUTOKORO

Addrres                          732, Kagami, Karatsu-shi, Saga, 847-0022, Japan

梅干し Salted plum

2019.8.24

”あるところ”でも毎年仕込んでいる梅干し。

梅干しはそのまま食べることはもちろんですが、料理の風味づけや、調味料としての役割も大きく

お店ではなくてはならない存在です。

唐津で取れる梅を6月ごろに、自分達で収穫し塩で漬け込みます。

そして梅雨のあけた夏の強烈な日差しの下で丸一日、土用干しをします。

そうする事で、梅はほんのりとした赤みをおびて、一気に梅干しらしくなります。

 

ゆっくり出来上がってくる梅干し、もうしばらく出番待ちです。

 

We make umeboshi every year in our restaurant.

Umeboshi can be eaten as is, but it also serves as a flavoring and seasoning for cooking.

Indispensable for restaurant cooking.

Around June,Around June, we harvested our own plums and soaked them in salt.

And then dry the plums all day long in the sun.

By doing so, the plums become reddish.

Umeboshi that take time to complete, this year’s ones are waiting for a while.

エソ Eso

2019.8.10

最近気に入って使っているエソというお魚の煮干し。

イリコと同じように昆布と一晩水に浸けておいて、使います。

こんなワニみたいな怖い顔をしてはいますが、これでなかなかスッキリとした良い出汁が取れるのです。

 

今コースでお出ししている、金時草のお浸しにもエソの出汁を使っています。

野菜の邪魔をせず、しっかりと味を支えてくれる縁の下の力持ち的存在です。

 

 

My recent favorite is ESO stock.

Soak in water with kelp overnight when using.

Eso’s face is like a crocodile and scary but The taste of the soup is quite handsome.

I also use it for the vegetable dishes that are being served at the restaurant.

 

鯵とみょうがの造り House mackerel with Myouga

2019.7.27

唐津近海の鯵と庭のミョウガを和えたお造り。

脇には黄色く可憐なミョウガの花も添えて。もちろん花も食べれますよ。

こんな季節の移ろいをお皿の上で表現できるのは、田舎の料理屋の特権ですな。

 

Horse mackerel sashimi with flower of myouga.

of course you can eat flower all so.

It is a privilege of the country side restaurant which  can express the season on the dish.

 

 

ミョウガ Myoga

2019.7.17

家の裏に植わっているミョウガ。

今年で3年目、環境にあっているのか年々大きく広く育ち、葉の背丈は僕の胸の辺りまで伸びている。

最近になって、ぽこぽこと花穂が地面から出てきた。

僕は香味野菜が大好きで、大葉、生姜、パクチー、セロリ等々目がない。ミョウガなんかはその最たるもので、

鯵のたたきに素麺にもたっぷりと、意外と味噌汁にも良いとせっせと刻むのが常。

あんまり食べすぎるとバカになるなんて言いますが、美味しいからしょうがない甘んじて受け入れましょうー

 

Myoga planted behind the restaurant.

In the third year of this year, it grow up big from year to year depending, and the height is around my chest.

The part to eat recently began to grow from the ground.

I love Myoga, I also use it for sashimi, noodles and miso soup.

I say in Japan that if you eat too much you become stupid, I don’t mind just enjoy.

ミシュランガイド2019 MICHELIN2019

2019.7.11

この度、ミシュランガイド2019年の福岡、佐賀、長崎の特別版にてなんと料理屋あるところが1つ星をいただきました。

唐津は鏡山の山裾にお店を構え丸四年、地道にやってきた事を評価していただき、本当に嬉しく思います。

これも、理解あるお客様をはじめ、とびっきりの魚を分けてもらえる魚屋さん、地元の生産者の方々、仲良くしていただける陶芸家の皆様、蕨を取ってけと誘ってくれる近所のおじ様、孫のお守りの為に福岡から駆けつけてくれる母親、、、沢山の方々に支えられての1つ星です。

料理屋あるところではこれからも美味しく楽しい食を提供するべく、これまで以上に野に山に厨房に奔走していく所存ですので、これからも変わらぬご愛好賜りますようお願い申し上げます。

This time, the restaurant ARUTOKORO received 1 star in the special edition of Fukuoka, Saga, and Nagasaki in 2019 Michelin Guide.

It is a great honor for me to evaluate what we have done for 4 years.

This honor is due to the many people who supported the restaurant.

We will do our best in the future, so we look forward to your visit!!

 

食材探し Food search

2019.4.10

春の山は忙しい。

日々新しい食材が顔を出し、ちょっと目を離した隙に育ちすぎて筋っぽくなったりするからしょっちゅう山に入っている。

結構な急斜面で取っているのはわらび。独特の香りとぬめりのおいしい山菜の裏番長的存在。

さらに、山菜のおおとりはやはり筍。

うちの裏山でも最近の温かさと雨でここ二、三日で急に勢いを増した。

これから毎年恒例のモグラ叩きならぬ筍叩きが始まります。

 

The spring mountain is busy.

New mountain vegetables grow one after another from the mountain. So I often go to the mountains in this season.

first vegetable is WARABI.Unique slimy texture is delicious.

and bamboo shoots which king of mountain vegetable,

 

 

いちご大福 Strawberry Daifuku

2019.3.11

寒さも緩みはじめて、春の気配が近づいてくると食べたくなるお菓子。

あるところでは食後の甘味として、自家製のいちご大福をお出ししています。

柔らかな求肥とさっぱりとしたこしあん、そして程よい酸味のいちごのバランスがなんとも心地いい。

今となっては和菓子界の王道ですねー

食後にあつい緑茶と一緒にお召し上がり下さい。

 

Strawberry Daifuku is a sweet you want to eat when spring approaches.

In our restaurant we serve homemade strawberry Daifuku as a dessert after meal.

A combination of soft rice cake and anko and strawberry taste is a wonderful sweet.

Please enjoy with hot green tea after eating.